About

鈴木孝幸 | Takayuki Suzuki 

 

1987年1月23日生まれ。静岡県浜松市北区出身

早稲田大学教育学部卒業

2009年 株式会社ゴールドウイン入社

 

Date of birth: 23rd January 1987

Place of birth: Hamamatsu City, Shizuoka

Graduated at Waseda University in 2009

In 2009, Started working at the sports apparel and equipment company, GOLDWIN INC.

 

 

6歳から水泳を習い始め、15歳から本格的に障がい者の水泳大会に出場するようになる。2004年、高校3年生の時には日本代表としてアテネパラリンピックに出場し、200mメドレーリレーで銀メダルを獲得した。

2008年の北京パラリンピックでは、競泳チームの主将を務めた。5種目に出場し、50m平泳ぎで金メダル、150m個人メドレーで銅メダルを獲得した。平泳ぎの予選では48秒49の世界記録を打ち立てている。

2大会連続で競泳チームの主将を務めた、2012年ロンドンパラリンピックでは、150m個人メドレー、50m平泳ぎで銅メダルを獲得した。

4大会連続出場となる2016年リオデジャネイロパラリンピックでは惜しくもメダル獲得はならなかったものの、150m個人メドレー、50m平泳ぎで4位入賞を果たした。

2013年にパラリンピアンとして2020年のオリンピック・パラリンピック招致のアンバサダーも務め、IOC(国際オリンピック委員会)とIPC(国際パラリンピック委員会)に立候補ファイルを提出するなど招致活動に尽力した。

2013年よりイギリス(ニューカッスル)へ留学、現在ノーザンブリア大学でスポーツマーケティングを学びながら日々、トレーニングに励んでいる。

 

Takayuki Suzuki started swimming at the age of six and competing when he was 15.

In 2004, during his third year of high school, he participated for the first time in the Paralympic Games in Athens and won the silver medal in the 4x50m Medley Relay.

In 2008 he served as the captain of the Japanese Para-Swimming Team at the Beijing Paralympic Games and won the gold medal in the 50m Breaststroke SB3 and the bronze medal in the 150m Individual Medley SM4.

He also set the world record in a heat of the 50m Breaststroke. At the London Paralympic Games in 2012 he was the captain of the team and brought home two bronze medals in the 50m Breaststroke SB3 and 150m Individual Medley SM4. At the Rio Paralympic Games in 2016 he came fourth in the favourite evens.

Off the field of play he served as an ambassador for the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic invitation committee and submitted an invitation file to the IOC (International Olympic Committee) and the IPC (International Paralympic Committee) in 2013.

He moved to Newcastle in the UK in 2013 and is currently studying Sport Management at Northumbria University as well as being an athlete.